学研グループ進学塾サイン・ワン

進学塾サイン・ワン電話番号

大学入試改革の現状について①

目次
1)大学入試改革の概要について
2)大学入学共通テストと文部科学省の方向性


埼玉県の学習塾、進学塾サイン・ワンです。
本日のコラムでは大学入試の現状についてご説明いたします。

§1)概要
ここ数年、教育業界では大きな変革が連続して起こっていきます。
大学入試改革に関してももちろんですが、小学校や中学校、高校でもそういった変化が起こってきているのです。

小学校では低学年から英語教育が行われる、プログラミング授業が行われるという変化が起こっています。
高校でもカリキュラムが大幅に変更されていきます。

例えば、国語ではこれまで必修科目であった「国語総合」がなくなり、新たに「現代の国語」「言語文化」が必修科目となります。
「古典B」も「古典探究」になるなど色々と変化が起こっていくのです。

そして大学入試でも大きな変化が起こります。
長らく大学受験生が受験してきた「センター試験」が2020年度の受験(2020年1月実施)を最後に廃止され、2021年度からは新たに「大学入学共通テスト」が実施されるようになるのです。
このテストに関しては次々と情報が公開されているものの、あまり理解していない学生からすると「センター試験とほとんど同じテスト」と思っていることもあります。
もちろんこの考え方は危険な考えです。

§2)大学入学共通テストと文部科学省の方向性
文部科学省は今回の大学入試改革についていくつかの理由とこれからの方針を明らかにしています。
まず大学入学者選抜に関しては、
「多様な背景を持つ受検者一人一人の能力や経験を多面的・総合的に評価するものに改革すること」
「今後、各大学の入学者選抜方法を、『学力の3要素』を多面的・総合的に評価するものへと転換すること」
を必要としています。

ここでポイントとなる「学力の3要素」とは、
「知識・技能」
「思考力・判断力・表現力」
「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(主体性・多様性・協働性)」

のことです。



近年までこの3要素のうち、「知識・技能」が重視されてきたと指摘されています。
これはとにかく必要な知識を暗記させて試験に臨ませるという「詰め込み教育」とも呼ばれ、生徒の主体性を育てることができない、応用が利かない、という問題点が指摘されてきました。
今後の大学入試選抜では、「思考力、判断力、表現力」「主体性」を重視していくようにと方針が変更されているのです。

それは例えば今までのセンター試験ではすべてがマーク式での解答であったのが記述式の解答形式を導入したことや、英語で「読む、聞く、話す、書く」という4技能で評価するという変化があります。

また、提示されている文章・図・資料を総合的に考えて答えを導きだすような問題や、選択肢の問題で選択肢のすべてが正解となる問題、解なしになる問題など問題のバリエーションがどんどん広がってきています。

このように学生が決まったパターンでのみ答えを出すような問題は減少していき、多面的に物事を見る、総合的に判断する、という問題が増加していくことが予想されています。

また、これは入試方式自体にも影響を与えています。
近年増加傾向にあった推薦入試、AO入試が国公立大学の中でも増加していく傾向が見られています。
まだまだ全体の定員から見れば数は少ないものの、2016年度からは東京大学と京都大学でも推薦入試、AO入試が実施されています。

こういった動きに対して文部科学省はそれぞれの大学に「3つのポリシーの策定」と「その公表」を義務付けました。
3つのポリシーとは、
「アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)」
「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方式)」
「ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)」

です。
どういった学生を求めているのか、入学した学生にはどのような教育が行われるのか、どのような条件を満たせば卒業できるのかということを明確にして、それを公表することで大学の方向性をわかりやすくするというものです。

これまでもAO入試は行われてきていますが、大学によってその判断基準はまちまちで、曖昧なものがあったのも事実です。
また、このような推薦入試やAO入試では推薦書、調査書、面接などのみで合格を判定することが多く、学力試験が行われていなかったことも問題視されています。

そこで「入試区分の変更」が行われます。
これによって、
一般入試 → 一般選抜
推薦入試 → 学校推薦型選抜
AO入試 → 総合型選抜

に変更されていきます。

この変更によって、書類や面接だけでなく「小論文」「共通テスト」などを合格判定資料として活用することが義務付けられます。
これは「学力が低くても調査書と面接だけで合格している」生徒がいるという声に対応するものだと考えられています。

次回は教科ごとの変更点についてお話をします。
資料請求はこちら
サイン・ワンの無料体験までの流れ