学研グループ進学塾サイン・ワン

進学塾サイン・ワン電話番号

サインワン生国語力の秘訣!

サインワン生国語力の秘訣!

「国語は全ての教科の基本となるので重要である」とか、「国語の読解力が他の教科の役に立つ」
などといった話を耳にされた方も少なくないかと思います。
しかし実際に小学生の方にその様な話をしますと、決まって「聞いたことはあるけれどでも…」といったなんとも歯切れの悪い返答が返って参ります。

 必要以上に力を注いで勉強をしなくても、テストではきちんと点数を取れている、といった実情があるので、まだまだ他人事の様に感じられる部分が多いのかもしれません。
 しかし、質問の仕方を変えて、例えば「算数のテストで困ったことはある?」という様に聞くと、「文章題の意味がわからなくて何度も読み返した」とか、「文章問題が多くて終わらなかった」などという様ないわゆる『読解力』が問題となるようなお悩みが次から次へと飛び出してきます。
つまり、お子様たちは強くは自覚せずとも心の中では「読解力の大切さ」ひいては「国語の重要性」をお感じになっているのかと思います。
まさしくその通りで、『読解力』は他の教科でもありとあらゆる場面で必要とされます。

では、その大切さにいつ気づけば良いのでしょうか?
文部科学省の指針の中でも、『国語教育に関し、特に重要な役目を担うのは学校教育であるが、その中でも小学校段階における国語教育は極めて重要である(一部抜粋)』としていますし、その具体的な展開として『小学校では、「話す・聞く」に加えて「読む・書く」の「繰り返し練習」により、国語力の基礎となる知識を確実に身に付けさせることが重要である(一部抜粋)』と述べられています。今後大人になっていくにつれての「自己形成」の基盤に小学校の国語学習による様々な知識や知恵が大きく関わってくるということかと思います。

 さらに、(ご存じかと思いますが)大学入試改革が行われている現在、記述による出題も増加し、お子様には今まで以上に「読み解いて」「まとめて」「自分の言葉で表現する」力が求められております。

 そこまで先でなく、身近なことで考えてみましょう。小学校の英語の教科化に伴い、様々な取り組みがなされるかと思います。オールイングリッシュで授業をされるところも少なくないかもしれません。その際に、お子様は何語でものごとをお考えでしょうか…そう、授業は英語でも、お子様が考えるのは日本語です。頭の中で英語→日本語の変換をしないと、自分の気持ちすら表現できないこととなってしまいます。

 以上の様に、結論として申し上げれば、
『読解力』を身に付けるためにも「国語」は必要です。しかも「早いうちから学ぶ」ことが重要です。
 「表現するのが得意になった」「言葉の意味がわかるようになった」「作文など文を作るのが得意になった」「深く考えるようになった」(生徒アンケートより抜粋)こんなお子様をもっともっと増やしていける様、進学塾サイン・ワンでは今後も小学生国語に力を入れて参ります。

資料請求はこちら
サイン・ワンの無料体験までの流れ